理学療法士とはどんな仕事?

044707

理学療法士ってなんだろう?そう思う人はもしかしたら少なくないかもしれません。

理学療法士は、怪我や身体の機能が低下した時に、リハビリ治療を行う人のことです。

「リハビリをやる人」と、言ったらピンとくる人もいるかもしれません。

理学療法士の多くは病院に常駐し、医師から身体の機能回復をするべきだと判断された患者を理学療法士が引継ぎ、適切なリハビリを処方していきます。

身体の機能を正しく理解していないとできない仕事です。

理学療法士になるには国家資格や専門的な知識が必要なので、専門の養成校に行くといいでしょう。


・理学療法士の学校

理学療法士になるためには、3年制の短大・専門学校か4年制の大学に進学する方法があります。

リハビリは全て根拠の元に処方しなければいけません。

そうなると、医療面の知識、身体の構造、精神面など色々なことを学ぶ必要があります。

最初は、基礎的なことから学び、徐々に専門的に、実践的な理学療法士のことを学んでいきます。

あなたの処方するリハビリ次第で患者の症状が改善することもあれば、悪化することもあります。

全ては理学療法士となったあなたの匙加減次第です。

ここを間違えると、後々あなた自身で自分の首を絞めることになるでしょう。

また、医師と医療的な会話をすることも多々あるので、病名なども覚える必要があります。


・高い専門知識を有する身体のスペシャリスト

理学療法士は、解剖学・運動学・臨床心理学・リハビリテーションなどなど、幅広い知識が現場で求められてきます。

医師と専門性の高い会話をすることもあれば、それを分かりやすく患者に説明することもあります。

しっかりと理解していなければ何も知らない患者に説明することは困難です。

患者の行動や仕草、日常会話から違和感などを突き止める場合もあります。

話術に関しては、コミュニケーション能力も必要です。

その上で、総合的にリハビリメニューを処方し、改善に努めます。

常に効果を見て、効果がでていないようなら臨機応変にメニューを返るだけの引き出しの広さも必要です。


・理学療法士は国家資格です

理学療法士は、国家資格がないとなることができない職業です。

国家資格の受験資格を得るためには、国が指定している学校に通う必要があります。

専門の養成校で3年以上学び、理学療法士として必要な技術や能力を習得します。

社会人で理学療法士を目指している人は、夜間に開講している学校に通うといいでしょう。

そして、卒業後に受験資格を得ることができるので、国家試験を受験してください。

国家試験に合格すれば、あなたも理学療法士の仲間入りをします。

この専門学校では理学療法士について深く学べます